Mahara システム開発に関連する変更

  1. Mahara 18.04 シリーズ
    lib/pieforms/pieform/elements/calendar.php
    function pieform_element_calendar_get_lang_strings($options, $langdirection = 'ltr')がなくなり,
    function pieform_element_calendar_tooltip_lang_strings()を使用するように変更されました。
  2. Mahara 17.04 シリーズ
    「js/MochiKit」が廃止されました。
    Developer Area/MochiKit in Mahara
    SAML認証でMemcacheサーバを使用するようになりました。
  3. Mahara 16.10 シリーズ
    SmartEvidence: Align portfolios to competency frameworks」がサポートされました。
  4. Mahara 16.04 シリーズ
    プラグイン「blocktype:openbadgedisplayer」がコアになりました。
  5. Mahara 15.10 シリーズ
    テーマが Bootstrap ベースとなりました。
    Customising/Themes/15.10